BeGood Cafe-Archive » ヒース・ナッシュさんとエコアート小物をつくろう!

ヒース・ナッシュさんとエコアート小物をつくろう!


“Act Green eco week 2008” 2008年11月1日(土)、2日(日)
イオンレイクタウン@埼玉県越谷市

 「ヒース・ナッシュさんとエコアート小物をつくろう!」では、親子を対象にワークショップを開催。イオンレイクタウンmori「花の広場」に飾ってある彼の作品と同様、ゴミとなった、カラフルなシャンプーや洗剤などのプラスチックボトルを素材に、花の形やチョウチョの形に切り取ったものを使って、親子で簡単なストラップ作りに挑戦いただきました。出来上がった作品は、おみやげにお持ち帰り。

場所はmori1階「木の広場」にて。
ヒースさんはステージに登場し、スクリーンやパネルを使って、彼のアートワークについて説明。
カラフルなボトルや作品のパーツを見せながらの説明に、子供たちは目を輝かせて見入っていました。

説明が終わると、さっそくストラップづくりの始まりです。テーブルの上のカラフルなパーツから好きな色を選んでもらいました。
ヒースさんは各テーブルに飛び回って説明。

 11月1日のワークショップはストラップ用にヒースさんが用意してくれた、小さめのお花に、茎やがくの部分を作り、2日のワークショップはチョウチョのパーツに、好きな色でカラフルな胴体部分を作り、ストラップにしました。難しいところはお父さん、お母さんがしっかりサポート。

 オリジナルエコアートストラップの完成です!

最後に、ヒースさんからのメッセージ。「使い終わったプラスチックボトルからこんなに楽しいものができるよ。ゴミだと思って捨ててしまう前に、みんなもいろいろ遊んでみて!」

Act Green eco week「 楽しくエコ!」のテーマにまさにぴったりで、身近なものを使って、本当に楽しそうにアートを作り出すヒースさんの魅力にみんなとりこになりました。

 出来上がったストラップを自慢げに早速つけて帰っていく子供も多く、楽しんでもらえたようでした。参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

ヒース・ナッシュさんとエコアート小物をつくろう!

    開催日時:2008年11月1日・2日 16:00〜16:50
    開催場所:イオンレイクタウン mori 「木の広場」
    参加者:各日20組 (親子対象)
    主催:イオンレイクタウン
    制作:NPO法人 ビーグッドカフェ
    協力:gift_

アーティストプロフィール:
ヒース・ナッシュ(廃材アーティスト/プロダクトデザイナー)

南アフリカ共和国出身。ランプシェードや生活雑貨を制作する、プロダクトデザイナーであるとともに、廃材を使ったコンテンポラリーアートを数多く発表している。アートとしての評価が高いだけでなく、南アフリカの伝統工芸の技術を用い、現地の人々への雇用機会の創出にも貢献している。2006年の「アフリカ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれると同時に、同年の南アフリカで最も活躍したクリエイティブな起業家に選ばれている。