BeGood Cafe-Archive » ペットボトルキャップでフラワーウォールをつくろう!

ペットボトルキャップでフラワーウォールをつくろう!


“Act Green eco week 2008” 2008年11月3日(月・祝)
イオンレイクタウン@埼玉県越谷市

 ペットボトルキャップを吹き抜けの壁1面に敷き詰めよう、という壮大な計画。写真(右)のカラフルな壁面はすべてペットボトルキャップ、「フラワーウォール」で出来ています!なんと、全部で10万個のキャップを使用。この2階、3階部分は、イオンレイクタウンオープン前に、越谷市の大学生の方に協力いただいて制作しました。
 吹き抜け中央にあるのは、ご存知(?)南アフリカ共和国のアーティスト、ヒース・ナッシュさんの作品です。こちらは、使用済みプラスチックボトルでできたシャンデリアです。

 今回は、Act Green eco week期間中に、この吹き抜けmori「花の広場」の1階に展示するフラワーウォールをつくるワークショップを開催しました。1チームで1パネルずつ、ペットボトルキャップを1つ1つ貼っていただき、約6万個(!)のキャップを使い、全部で60パネルを制作。

 場所はmoriアクトグリーンルーム。3連休とあって、お買い物にきていた家族連れの方に多くご参加いただきました。

 まずは、参加者の方に簡単な説明。既に出来上がったフラワーウォールも含め、使用したペットボトルキャップ約16万個は、NPO法人エコキャップ推進協会にご協力いただき用意しました。この団体はペットボトルキャップの収集を呼びかけ、集めたものをリサイクル業者へ、そのお金を、途上国に送るワクチンに変える活動をしています。

 つまり、キャップをリサイクルすることで、環境にもやさしく、かつワクチンに変えて国際協力にもつなげているのです。今回はこのキャップをイオンレイクタウンで買い取り、皆が楽しめるエコアートへと再利用をしました。エコアートとして利用するため、キャップは全て洗浄し、色ごとに分け、1パネルの色のバランスが均一になるように用意。色は、オレンジ、赤、白、青、緑、黄色など。普段身近にあるペットボトルですが、こんなにカラフルなキャップが使われているんですね!
(写真上:左側のスタッフが持っている1袋がパネル1枚分のキャップです。)

説明を終えて、早速、フラワーウォール作りスタート。お父さんが接着剤、子供がキャップを貼る、などチームワークばっちりのグループや、始めにどんな風に作るかしっかり作戦会議をしているグループなど、それぞれのペースで制作していきます。会場は、熱気ムンムン。常に活気で溢れていました。

チームによって40分〜1時間程度かかる、長時間にも関わらず、お子さんの活躍が目立ちました。

最後は記念撮影をして終了。
作品は「花の広場」に飾るので、作ったパネルとはお別れです。頑張って作ったので、みんな誇らしげ。

作っていただいた作品は、「花の広場」1階の壁面に飾ってありますので、ぜひ見つけてくださいね。
参加いただいた皆さん、どうもありがとうございました!

ペットボトルキャップでフラワーウォールをつくろう!

    開催日時:2008年11月3日 11:00〜19:00
    開催場所:イオンレイクタウン mori アクトグリーンルーム
    参加者:60組
    主催:イオンレイクタウン
    企画:NPO法人 ビーグッドカフェ
    制作:株式会社ピース・コミュニティ・プラン
    協力:NPO法人エコキャップ推進協会